奇妙で、美しく、愛らしく、不思議で、幻想的。
自分の好きなものを身に着ける楽しみ。
感性に訴えかける装飾品の魅力。
日常にアクセントを加えるクリエイティブなアクセサリーのセレクトショップです。
名古屋市栄 金曜定休 TEL 052-241-7227
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Fillyjonkの新作達 | main | Fuligo 10th Annivesary Partyを開催します。 >>
今週末7/4(土)からスタート。memini×licoyas×GALUCKTONE 3人展『Noah -ノア- 』
7/4(土)から店頭にてスタートする展示をご紹介。

memini(メミニー)×licoyas(リコヤス)×GALUCKTONE(ガラクトーン)という3つの強い個性が織り成す3人展となります。

SF巨編とも言える壮大な共通コンセプトの下、3人がどんな造形を披露するのか、是非店頭にてご覧下さい。


【作家在廊予定日】

7/4(土) GALUCKTONE、licoyas 
7/11(土) memini
7/26(日)memini、GALUCKTONE、licoyas






私たちは古代の文明を見つけた。

無惨にもバラバラになり、残骸と果てたその欠片は、当時の面影を辛うじて残していた。

そして、その欠片たちは私たちに「海中を移動する古代の文明」であることを告げたのだ。

どのような人間が住んでいたのだろう。

どうやって海中を移動する科学力を得たのだろう。


私は引き上げた欠片を繋ぎ合わせ、恐ろしい事に気付いた。


その中に人間は長い間住めなかった事。

地上と決別出来なかった彼らが、様々な植物を遺跡内に運んでいた事。

鉱物の力をエネルギーに変えた事。

そして、人間が死に絶えた後、鉱物がこの箱庭のような小さな空間を支配していた事だった。


遺跡付近で採取した鉱物は、結晶構造が異なり、様々な植物、生き物、機械と融合していた。

いや、それどころか、繁殖、移動、全てを鉱物が支配していた。

それは、鉱物が体を得て呼吸をし、生きているのと大差無かったのだ。


これは、私たちの発見した海中回遊都市「noah」で生きていた生物と、その隠された科学の記録である



















窪田



memini 通販ページ

GALUCKTONE 通販ページ

licoyas 通販ページ



【大事なおしらせ】
※Fuligoは3月より毎週金曜定休に変更となりましたのでご承知下さい。


Fuligo HP 

TEL 052−241−7227 
fuligo@khc.biglobe.ne.jp
 







 
スポンサーサイト